記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎月の手取り給与を増やす方法、節税。特典付きで簡単にできます!

しかも、こんなものまでもらえます。


もうだいぶ有名になりました。
CMでもやってる「さとふる
」でも有名なふるさと納税です。

この最大のメリットは、毎月支払う住民税が減ること!しかも、お礼の品でいろんなものがもらえちゃうことです。

とはいえ、イマイチ普及してなくて、私の周りでやってる人も片手で収まります。

そんな私も始めたのは一昨年からの、まだまだ初心者です。

一度やると、もうやめられないんです!

とはいえ、始める時は、「税金を先に収めるだけだし、今の出費が痛いからなんかやだなぁ」って思っていました。

しかもなんだか理解しきれない。

お金払って物をもらうとはいえ、支払う額はその物に対してちょっと割高。買ってると思うと、なんか損した気分になるなぁ、という認識だったんですね。

でもそれ、一度やって、翌年の住民税の額の決定通知を見たときから、「毎年やんないと損だ!」と思うようになりました。

減ってるんです。毎月の住民税の額。

ざっくりと、毎月1万円くらい減ったんです。

てことは、毎月1万、手取りが増えたことに!これは嬉しい!


簡単に説明すると、まずはさとふる
などのサイトで、寄付をしたい自治体を探します。寄付っていうより、欲しいお礼の品を探す、というかんじです。

ちなみに、上の写真は高知県名張市に8000円の寄付をするともらえるケーキセットです。

かわいくて美味しいケーキがこんなにもらえて8000円!
右端の箱の中身もケーキなので、4本入りです。1本2000円の地元のケーキ屋さんからお取り寄せしたと思ったら、安く感じませんか?
もちろん、美味しくてすぐ無くなりました(笑)

お土産に持って行った先でも、かわいくて美味しいと大評判でした。

ちょっと脱線しましたが、欲しいものを選んで寄付します。もちろん、応援したい自治体や、地元、災害などで大変な自治体に寄付をすることもできます。
ただし、災害復興寄付の場合は、その自治体もお礼の品などを用意している余裕はないので、純粋な寄付になります。

ここからは例でお話しします。

この寄付、いくらでもできて、やればやるほど税金が安くなる…ものでは残念ながらないんですね。

限度額、ちゃんとあります。

例えば、ほんとにざっくりですけど、年収400万の人なら限度額4万円、くらいです。あとは扶養家族がいるかいないかとか、単身か世帯持ちか、などで変わります。

こんな計算もさとふる
のサイトでできますので、気になったら見て見てください。


いいところですが、自宅に着いてしまったので続きはまたあとで。

人気ランキングはこちらから
2016年ランキング



見てるとヨダレが出てきてつい寄付しそうになります(笑)




【銀座カラー】今年の夏に向けて憧れの全身脱毛☆!!


野菜セットお試し可能

8週間は全商品配送料無料!



レゴブロック


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakublog

Author:hakublog
ご覧いただきありがとうございます。白(ハク)と申します。
フルタイムで仕事をしつつ、3歳の娘の子育てをしています。頼りない旦那もいます。飛ぶようにすぎる日々をシンプルに、賢く楽しくするべく工夫しています。ふるさと納税、確定拠出年金(ideco),NISAを利用した株主優待、FXもやっています。革靴も作っています。いづれの夢で、起業、不労所得者での生活を目指しています。

ネットからプチ起業

おすすめ

楽天市場

最新コメント

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。