記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の貯金の増やし方 ついでに親も優待でお得に!

子供のお年玉やお誕生日祝いでもらうお金、どうしていますか?

子供の物心がつくまでは、自由に使わせることも少ないかと思います。

どうしても足りない時にちょっとお借りしたりすることはあるかもしれませんが^_^;


でも、ただ貯金しているだけじゃもったいない。

その子供のお金、増やしませんか?

そして、
増やすだけじゃなくて今自分も得しちゃいませんか?



怪しい、とか、裏がありそうに聞こえますが、そんなことはありません。


その方法は、
ジュニアNISAで株を買う!

これだけです。



株というだけで拒否反応が…!という方は多いと思います。
私もそうでした。

所詮ギャンブルでしょう、

とか、

損が出たら嫌だ

とか、

リーマンショックの二の舞はごめんだ!

とか。

否定的な意見はだいたい聞きました。


でも私はオススメします。


やり始めると株は面白い!




ここで、ジュニアNISAの話に戻ります。

ジュニアNISAとは?


その名のとおり、NISAのジュニア版です。

じゃあNISAって何?

NISAとは、「株や投資信託(投信)などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度」です。

株を売買して値上がり益や分配金などで利益が出ると税金がかかるんです。

その額およそ20パーセント。
なので、仮に100万円の利益が出たら本来は20万円もの大金を税金として納めなければいけません。

そんなの悲しすぎる…!

そこでNISAです。

NISA専用の口座で株の売買をしておけば、この税金20万円は払わなくていいんです。

丸儲け!


NISA口座、使わない理由が無いですね。

ただし、このNISAで非課税にするには、限度額の範囲内でなくてはいけません。

この限度額は120万円。
毎年更新されます。

つまり、毎年、120万円の範囲でNISA口座で売買した株の利益については、税金を払わなくていいのです。
儲かった分は全部自分のもの!


ここでひとつ注意ですが、
NISA口座を作るには、まず証券口座自体を作らないといけません。

その上で、NISA専用の口座を作って、そこで売買して下さい。

通常の口座でも株の売買はできるので、口座を間違えると非課税にはならないので注意です!


ちょっと話がそれましたが、
そこでジュニアNISA。

これは、子供の名義で作成するNISA口座で、大人の口座とは別に、非課税枠が80万円あります。


つまり、大人、自分の非課税枠120万円と、子供の非課税枠、2つ使えて、合計で200万円まで非課税枠が手に入る!


でも200万円も株に使う余裕ないし…

って思われることでしょう。

これだけじゃないんです♪

口座が2つあると得すること、それが
株主優待!



ここでお迎えの時間になってしまったので、続きはまた明日にいたしますm(_ _)m


#株主優待
このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければクリックをお願いいたしますm(_ _)m


株主優待ランキングへ


株式ランキングへ





人気ブログランキングへ

★いつか行きたい!けれど、まだ行けてないのはこちら





★妊娠、出産前には必須ですよ!全身脱毛!やっててよかったと今本気で思ってます。まだの方はこちらをクリック。↓




★欲しいものを選べるので、らでぃっしゅクラブがオススメです。
らでぃっしゅぼーやはこちらをクリック!↓




★ドラえもんと一緒にいろんなことを一気に学ぶなら!

















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakublog

Author:hakublog
ご覧いただきありがとうございます。白(ハク)と申します。
フルタイムで仕事をしつつ、3歳の娘の子育てをしています。頼りない旦那もいます。飛ぶようにすぎる日々をシンプルに、賢く楽しくするべく工夫しています。ふるさと納税、確定拠出年金(ideco),NISAを利用した株主優待、FXもやっています。革靴も作っています。いづれの夢で、起業、不労所得者での生活を目指しています。

ネットからプチ起業

おすすめ

楽天市場

最新コメント

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。