記事一覧

続・毎月の手取り給与を増やす方法、節税。特典付きで簡単にできます!

前回の記事「毎月の手取り給与を増やす方法、節税。特典付きで簡単にできます!」の続きです。

ふるさと納税がいかにお得か、についてご紹介します。






限度額がある、というところまで書きましたが、
ではこの限度額は何の限度額?って気になりますよね。

これは、自己負担金2000円のみで、残りの金額が住民税控除の対象となる限度額ということです。

ん、難しいです!

簡単に言うと、限度額までの寄付に留めておけば、寄付した金額のうち、2000円を除いた金額が住民税から控除される、つまり、本来引かれるべき住民税が引かれない、という方法で手元に返ってくる、ということです。

もっと具体的に!

例えば40000円分、寄付をするとします。
したら、2000円を超える分、つまり38000円分、来年度の住民税が安くなる、ということです!

この2000円てのは、寄付1件につき2000円ではなくて、寄付額合計のうち2000円なので、複数の自治体にバラバラの金額を寄付したとしても、引かれるのは2000円1回だけです。

ここ、意外とわかりづらいところですよね。

しかも、お礼の品でいろんなものが貰えているとで、もらった分得をしています!

お得!

先に寄付分支出をしなければいけない、というデメリットもありますが、モノを買ったと思えばいいわけです。

何万も一気に寄付しないといけないわけではないので、数千円からちょこちょこと寄付するのもOK。

寄付できる期間は1月1日から12月31日までなので、じっくり一年かけてじわじわと限度額まで寄付すれば、翌年4月以降、ちょっとした給与アップ感が味わえます…!

それに選ぶものも、お肉や野菜などだったら家計も助かりますよね。

ちょっと贅沢したければ、A5ランクのお肉なんかも選べます。

質より量!であれば、10000円で鶏肉4キロもらえるところもあるんです!
ちなみにこれは私も申し込みました。
人気なようで、年末に申し込んでまだ届かないので、届いたらアップします。


税控除、なんて言葉だけで難しそう、と敬遠していた過去の私に喝を入れたいくらいです。

目先の儲けに目が眩んで怪しいプチ副業なんかを探すより、まずは公的機関が用意してくれている制度を利用しろと。

国もいろいろ考えてくれていて、忙しいフルタイムにも簡単にできるように改善されていってます。

住民税控除を受けるためにも、前は確定申告をしなければなりませんでした。

もう、確定申告って単語だけで面倒そうでやめたくなります(笑)

でも今は、寄付先の自治体が5自治体に収まるのであれば、ワンストップ特例というものがあり、確定申告をしなくてよくなりました。

利用するのも簡単で、さとふる
などのサイトで寄付の申し込みをするときにワンストップ特例を利用する、という項目にチェックをするだけ。

あとは自治体から書面が届くので、それに必要事項を書いて送り返すだけです。

3分もあればできます。簡単!

個人的にもっと周りに広めて、どの自治体の何が美味しい、とかお得、とか、話ができる仲間ができたらいいのになーと思っているので今回書いてみました^ ^


意外と国の制度にも、節税や、自分のお金を保持しようと動く人のための制度ってあるものです。

ただ漫然と年金積立だけだと、将来年金制度が崩壊したら路頭に迷いますよね。

別の制度ですが、「個人型確定拠出年金(通称iDeCo イデコ)なんてのもあります。

これも積立金が非課税になる、節税できる制度です。

これについてはまた後日。



【銀座カラー】今年の夏に向けて憧れの全身脱毛☆!!

野菜セットお試し可能


8週間は全商品配送料無料!

レゴブロック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakublog

Author:hakublog
ご覧いただきありがとうございます。白(ハク)と申します。
フルタイムで仕事をしつつ、3歳の娘の子育てをしています。頼りない旦那もいます。飛ぶようにすぎる日々をシンプルに、賢く楽しくするべく工夫しています。ふるさと納税、確定拠出年金(ideco),NISAを利用した株主優待、FXもやっています。革靴も作っています。いづれの夢で、起業、不労所得者での生活を目指しています。

ネットからプチ起業

おすすめ

楽天市場

最新コメント

フリーエリア